遊戯王

【遊戯王】ロイヤル・ペンギンズ・ガーデンの使い方と解説【ペンギンデッキ】

ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

この記事のタグ

タグ: , , ,

ロイヤル・ペンギン・ガーデン

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン」以外の「ペンギン」カード1枚を手札に加える事ができる。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「ペンギン」モンスター1体を選び、そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ下げる。
その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。

効果解説

まずは①の効果。今までのペンギンデッキは大皇帝ペンギンへのアクセス手段がなく、トビペンギンにトランスターンを使用するぐらいしかありませんでした。それがこのカード1枚でアクセス出来るようになるため、かなり強い事は明確です。

更にはペンギン・ソードもサーチ可能と、ペンギンなら何でもOKです。1ターンに1枚しか使えないため、発動を無効にされるとかなり痛いです。氷結界の虎王 ドゥローレンで効果使用後にバウンスし、次ターンに再び使用なんてことも可能です。

②は手札かフィールドのペンギンのレベルを1つ下げる効果。デメリットとして手札を1枚捨てなければなりませんが、モンスターとも魔法とも指定は無いので捨てるカードは何でも大丈夫です。

サーチした大皇帝ペンギンのレベルを下げて即座に召喚、そこからの展開がペンギンの基本的な展開になります。他の展開例はペンギンの展開のページを参照してください。

使用時の注意点

発動後に手札のレベルを下げた場合、どのカードを下げたのかわかりやすくしておくと良いかと思います。デュエルリンクスならまだしも、実際のデュエルではトラブルになりかねないためですね。

発動時に無効にされた場合、2枚めを使用することは出来ません。1枚めの発動宣言時にすでに1ターンに1枚の制約に引っかかるためです。

出張で使う場合

出張でこのカードと数枚のペンギンカードを使用する場合、以下のような感じがオススメ可と思います。

大皇帝ペンギン+レベル4ペンギン数枚=No.4 猛毒刺胞ステルス・クラーゲンやバハムート・シャークなど

大皇帝ペンギン+否定ペンギン+極氷獣ポーラ・ペンギン=レベル6シンクロ/ランク3エクシーズ/リンク2(水晶機巧-ハリファイバー)などが出せる

水晶機巧-ハリファイバーを出すだけであればペンギン勇士チューナーなのでわりとペンギンは何でも良いことになります。

まとめ

ペンギンの展開でとても重要なカードである大皇帝ペンギンをサーチ出来る待望のカードです。サーチ効果は1ターンに1度の発動処理時のみですが、レベルを下げる効果はいつでも使えます。レベルを調整してシンクロモンスターを出すのもよし、エクシーズモンスターを出すのもよしと幅が広がります。

ペンギンの展開のページも参考に、展開ルートを色々考えてみるのも面白いと思います。

関連

ペンギンの展開

タグ: , , ,

タイトルとURLをコピーしました