ffmpeg

ffmpegで動画のリサイズをする方法scaleとs

ffmpegでリサイズする方法ffmpeg
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

このページではffmpegを使って動画をリサイズする方法を紹介しています。

スポンサーリンク

ffmpegのインストール

ffmpegのインストール・基本的な使い方についてを御覧ください。

スポンサーリンク

ffmpegを使って動画のリサイズ

動画のリサイズは大きく分けて二つありますが、基本的には何かと便利な-vfオプションを利用することが多いです。どちらも処理結果は似たようなものなので、それぞれ簡単に解説していきます。

-sオプション

-sは動画の横と縦を数値指定し、その数値に動画をエンコードさせるオプションです。元の動画が2880:1800のものを編集する場合は以下のように記述します。

ffmpeg -i 動画.mp4 -s w:h 出力.mp4

wには横のサイズを、hには縦のサイズを入力します。

-vfオプション

-vfはビデオフィルタのオプションです。リサイズ以外にも使いみちは多々あるので、それぞれ解説しています。今回はリサイズです。このオプションで使うのはscaleという個別のものです。

ffmpeg -i 動画.mp4 -vf scale=w:h 出力.mp4

wには横のサイズを、hには縦のサイズを指定します。ただしこの-vfには-sでは使うことが出来ない特別な便利コマンドがあります。例えば以下

ffmpeg -i 動画.mp4 -vf scale=w:-1 出力.mp4

hの部分が-1になっているんですが、これは「縦のサイズは横のアスペクト比を維持させる」処理になります。アスペクト比については16:9や3:4とかを聞いたことがあると思いますが、元の動画のアスペクト比を維持する処理になります。

そしてもう一つの便利コマンドが以下。

ffmpeg -i 動画.mp4 -vf scale=-1:ih/2 出力.mp4

今度はwのところが-1になっていますが、これは上記の自動アスペクト維持設定です。問題は次のih/2ですね。これは「変換元の動画の縦を半分にする」設定です。-sでは全て数値指定する必要があるため、半分にしたいときですら縦と横をそれぞれ計算する必要がありました。しかし-vfではiw/2やih/2と入力することにより、自動で半分にしてくれます。

スポンサーリンク

ffmpegの関連記事

その他のオプションや使い方などは以下をどうぞ。

ffmpeg使い方・オプション一覧

タイトルとURLをコピーしました