遊戯王

【遊戯王】スプラッシュ・メイジの使い方と相性の良いカード

スプラッシュ・メイジ遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

スプラッシュ・メイジ

効果モンスター
リンク2水属性サイバース族
攻撃力1100守備力右上・右下
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

効果解説

①の効果
①:自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。
自分の墓地からサイバース族モンスターを守備表示かつ効果無効で特殊召喚します。守備表示との指定なので、リンクモンスターは特殊召喚できません。水属性で言うと海晶乙女がサイバース族なので海晶乙女で使ったり使わなかったりします。
この効果を使ったあとはサイバース族しか出せないデメリットが発生しますが、海晶乙女であれば何の影響もありません。
その他
スプラッシュ・メイジはサイバース族2体で出すことができます。逆にそれ以外では出すこともできず、効果面でもサイバース族縛りがあります。サイバースデッキ以外では使い道はありませんが、サイバースデッキなら問題なく使えます。

相性の良いカード

海晶乙女
海晶乙女はサイバース族で統一されているので、縛りの影響を受けません。
シューティングコード・トーカー
リンク3なので、スプラッシュ・メイジの効果で何かモンスターを特殊召喚すればそれだけでリンク召喚できます。
コード・ラジエーター
主にシューティングコード・トーカー専用ではありますが、スプラッシュ・メイジの効果で墓地から出してそのままシューティングコード・トーカーをリンク召喚します。すると墓地でコード・ラジエーターの効果が発動し、相手モンスターを2体攻撃力0と効果無効にできます。
シーアーカイバー
手札・墓地にいるときに使える効果を持っています。自分のリンク先にモンスターが出たら、このカードを特殊召喚します。このカードを使ってスプラッシュ・メイジをリンク召喚→効果で墓地から別のモンスターをスプラッシュ・メイジのリンク先に特殊召喚→墓地のシーアーカイバーの効果で特殊召喚と、サイバース族2枚をフル活用すればリンク4まで行きます。
海晶乙女コーラルアネモネ
スプラッシュ・メイジの効果ではリンクモンスターを特殊召喚することはできませんが、逆は可能です。海晶乙女コーラルアネモネは攻撃力1500以下の水属性であれば墓地から何でも特殊召喚できます。なのでスプラッシュ・メイジを特殊召喚し、そのままリンク4にすることもできます。これは海晶乙女の展開でも紹介していますが、基本の1枚初動で使うパターンだったりします。

サイバース族縛りがあるので海晶乙女コーラルアネモネほど汎用性があるとはいえませんが、サイバース族デッキでは便利です。コード・ラジエーターやシーアーカイバーなどと一緒に使ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連カード

タグ: , , , ,

タイトルとURLをコピーしました