遊戯王

【遊戯王】氷結界の使い方と解説【氷結界/水属性サポート】

氷結界遊戯王
この記事は約5分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

この記事のタグ

タグ: , , , , , ,

氷結界

通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その相手モンスターは、攻撃力が0になり、表示形式を変更できず、効果は無効化される。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル5以上の水属性モンスター1体を墓地へ送る。
その後、自分の墓地から水属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
この効果の発動後、次の自分ターンの終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。

効果と使い方解説

まずは①の効果から。相手モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動出来、攻撃宣言したモンスターを効果無効+攻撃0+表示形式変更不可の3つのデメリットを与えます。

②がいろんなデッキにおいて強い効果となります。墓地のこのカードを除外し、デッキからレベル5以上の水属性モンスターを墓地へ送ります。その後、自分の墓地から水属性モンスター1体を手札に加えます。それぞれの効果をよく見てみると、墓地へ送るのはレベル5以上という指定があるのに対して回収はレベルなどは記載されていません。

この効果の発動後は水属性しか特殊召喚出来ないデメリットが発生しますが、自分みたいにメインもエクストラもすべて水統一の場合は関係ありません。少し手間はかかるけど最強のサーチカードとなります。

バトルフェイズに発動する攻撃力変化の効果を持ちますが、モンスターそのものが居なくなるわけではないので巻き戻しは発生しません。バトルフェイズの巻き戻しが発生するのは相手モンスターが居なくなった時か、相手モンスターが新たに出てきた時です。それ以外では巻き戻しが発生しないので、相手は攻撃力0のままで攻撃宣言するしかありません。

墓地へ送る手段

まずはこのカードを墓地へ送る手段からです。このカードは「このカードが墓地へ送られたターンには使えない」みたいな事は書かれていません。なので以下の方法で簡単に墓地へ送ることが出来ます。

おろかな副葬通常魔法
自分のデッキから魔法・罠を1枚墓地へ送る
マジカル・シルクハット通常罠
バトルフェイズのみ発動可能
自分のモンスター1体とデッキの魔法罠を2枚裏守備でシャッフルして壁にする
バトルフェイズ終了時に魔法罠は2枚とも墓地へ行く
手札コストモンスターは限られるが、瑚之龍あたりが適任

おろかな副葬であれば1枚から実質レベル5以上のサーチとなります。マジカル・シルクハットは相手のバトルフェイズに使う事で2枚一気に墓地へ落とせます。氷結界の②の効果は1ターンに1枚しか使えないため、2ターンに渡ってサーチを行うことが出来ます。手札コストは上げるとキリが無いんですが、「手札を1枚捨てて発動」と書かれている瑚之龍みたいなカードのコストとして使うことが出来ます。

レベル5以上がデッキに入るカテゴリ

墓地へ送る手段は分かったけど、レベル5以上がデッキに入るカテゴリといえば?ということでいくつか紹介。完璧に相性が良いかどうかはデッキの構築次第ですが、①の効果もあるので戦闘補助+サーチみたいな便利カードなので割といい感じに機能するんではないでしょうか。

クリストロン(カテゴリ)
水晶機巧-サルファフナークリストロンの展開を担う重要カード
影霊衣(カテゴリ)
ブリューナクの影霊衣すべての影霊衣モンスターへのアクセス
ペンギン(カテゴリ)
大皇帝ペンギン
ペンギン勇士
展開を担う重要カード
ロイヤル・ペンギンズ・ガーデンのコストにすることも可能
氷結界(カテゴリ)
レベル5以上がちらほら居る氷結界では墓地送りにするモンスターに困らない
その後の回収効果も氷結界の照魔師とかのコストに使える
六花(カテゴリ)
六花精ヘレボラス
六花精スノードロップ
六花精エリカ
六花精ボタン
この4種がレベル6と8なので墓地へ落とせる
その後の効果によりスノードロップなら展開
ボタンなら魔法罠サーチと使い分けが可能
ベアルクティ(カテゴリ)
すべてのベアルクティモンスター状況に応じて必要なモンスターをサーチ可能
ベアルクティ・ディパーチャーのコストに使用出来るので
3枚サーチも可能
伝説のフィッシャーマン(カテゴリ)
伝説のフィッシャーマン
伝説のフィッシャーマン二世
伝説のフィッシャーマン三世
サーチ手段や出す手段に乏しいが出せれば強い(かも)
サーチが安定するだけでも違ってくると思います。
ダイナミスト(カテゴリ)
ダイナミストはレベル5と4が中心のペンデュラムテーマ
ダイナミスト・プテランのサーチ効果を使うには戦闘破壊が条件なので、それをせずにサーチ出来ます

単体で機能するカード

機巧辰-高闇御津羽靇
めちゃめちゃゆるい条件で出てくる攻撃力2950とEXデッキメタ
1500のライフコストが必要だが、EXから出てきたモンスターすべてを破壊出来る
敵味方問わず破壊するため注意
ガーディアン・スライム
ダメージを受けたときに特殊召喚が可能、その後は神・スライムにするなり出来る
氷天禍チルブレイン
めちゃめちゃゆるい条件で出てくる攻撃力2600とハンデス
相手の手札を1枚ランダムに墓地送りが出来る
海亀壊獣ガメシエル
水の壊獣 相手の厄介なモンスターを脳死で撤去出来る最強の海亀
ドラゴン・アイス
相手の特殊召喚に反応して出せるレベル5のドラゴン
手札コスト1枚に海皇を使用することで相手フィールドを破壊出来る
彩宝龍
手札に戻すだけですぐに場に出せるレベル5のチューナー
レベル5のチューナーってだけで色々とできそうですね
氷水のトレモラ
氷水のトレモラを手札から捨てて、手札の別の水属性モンスターを特殊召喚
氷水のトレモラはレベル5なので氷結界でサーチが可能、更には専用サーチの氷水揺籃もあるのでどのデッキにおいても使いやすい

まとめ

単体で機能するカードからカテゴリ全体で恩恵を受けるものまで一通り紹介しました。氷結界のカードではありますが、その効果はいろんなデッキに使えるので色々なデッキに組み込んでみるのも面白いと思います。

タグ: , , , , , ,

タイトルとURLをコピーしました