iPadOS

【iPad】iPadのシェルフ機能って何?使い方などを解説

ipadのシェルフ解説iPadOS
この記事は約1分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページについて

このページではiPadのシェルフ機能についての解説などをしています。使用頻度が多いか少ないかは人によりますが、解説していきます。

シェルフ

過去のバージョンにもあったかどうかは不明ですが、iPadOS15の新シェルフを元に解説していきます。これは一部のアプリで使うことが出来ます。確認できたのはファイル・NumbersなどのApple純正アプリですね。

シェルフを使う前に

シェルフを使う前に、ウィンドウを複数開く必要があります。ファイルを例にして解説すると、以下の方法で複数ウィンドウを開くことが出来ます。

  • Split Viewを使う
  • フォルダやファイルを長押しして「新規ウィンドウで開く」

簡単なのは下の方法でしょうか。新規ウィンドウで開くと、自動的にSplit Viewになります。その後アプリ上部の…をタップし、左のフルスクリーンをタップするとファイルアプリのみになると思います。

もう一度…をタップすると、先程開いたウィンドウと今見ているウィンドウが一覧で表示されます。ここまでの流れをgifで再現すると以下の通りになります。

シェルフ機能で複数ウィンドウを使う

関連記事

Split View・Slide Overの使い方と解説

タイトルとURLをコピーしました