Mac

【macOSショートカット】Appを開く

Mac
この記事は約1分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

macOS版ショートカットのAppを開くの使い方を確認したい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

Appを開く

Appを開く」のAppの部分を変更して使います。
入力無し
出力無し(指定アプリを開く事で終了)
【Appを開く】iOS版はこちら。

このアプリはその名の通り、アプリを指定して開くという単純なものです。アクションを実行すると、指定したアプリを開きます。

このアクションは入力・出力ともにありません。アプリを開く時に指定せず、毎回尋ねるを指定してその都度開くアプリを変えるっていうのもできます。

スポンサーリンク

使い方の例を紹介

【リスト:mac版】や【メニュー:mac版】を使い、いくつか候補を出した状態にする使い方もできます。今回はメニューで。

メニューと組み合わせて、開くアプリをいくつか絞る

メニューのアクションを追加し、メニュー名と同じアプリを予め開く設定にしておきます。こうすればショートカットを実行した時にそれぞれのアプリ名が表示され、そのアプリ名を選ぶことで内蔵したAppを開くアクションが起動するというわけです。

スポンサーリンク

類似アクション

macOS版ショートカットのApp関連アクション
Appを開くAppを終了
Appを非表示画面を複数のAppで分割

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました