ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのメニューから選択の使い方

ショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

似たアクションのリスト関係との違いも解説します

リストとの違い

リスト関係のアクションについては以下を

【iPhone/iPad】ショートカットのリスト関係の使い方まとめ
iOS/iPadOSで使えるショートカットの、リスト関係の使い方まとめです メニューから選択とは違った使い方が出来ます

リスト単体では何の意味もなく、リストから選択を追加しないと機能しませんでしたが、このメニューから選択は「リスト+リストから選択」までの機能を予め持っています

リストから選択する処理が必要な組み方と、メニューから選択で十分な組み方はそれぞれ自分で試してみましょう

メニューから選択

アクションを追加すると、中々大きなアクションが入ります

プロンプトはメニュー表示した時のメッセージ的なもの

1件や2件ってのがメニュー表示した時の各メニューリストになります

実行すると、画面上部とかにメニューリストが表示されます

選ぶと、その選んだメニュー内部の処理が実行されます

注意点として、選ばなかった方の処理は一切行われません

使用例

自分の場合は麻雀関係で使うことがほとんどですね

まずメニューで四麻か三麻の表示、四麻なら処理の中にテキストで四麻を入れて変数に追加

次にもう一つメニューを追加し、ゲームタイトルを記入 上と同じく、テキストでそれぞれのゲームタイトルを入力して変数に追加

このとき、変数を同じにしておくと後々楽な処理が出来ることがあります

例えば以下

メニューから選択と変数の組み合わせ方

選ばなかった方の処理はスキップされることを活かし、同じ変数にしても片方しか処理が行われません

つまり、この組み方の変数:人数の中身は選んだどちらか一方しか入らないわけです

これと同じことをゲームタイトルでも使うことで、いちいち天鳳は天鳳用の処理、雀魂は雀魂用の処理というふうに長ったらしく記述することが無くなります

テキストに変数:人数や変数:ゲームタイトルと入れてみて、変数の中身が常に選んだものになっているか確認し、希望通りになっていれば後は簡単ですね

順位算出のためにファイルを呼び出したりするのは個別で指定する必要がありますが、呼び出した数値を変数Aに設定し、同様に変数Aを呼び出して計算してってやっていけば、最後のテキストで変数A(もしくは計算結果の変数)を呼び出せば、ゲームごとに計算処理を組む必要がなくなります

その他のアクション

その他のアクションに関しては以下からどうぞ

【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説
すごく便利なショートカットですが、初めて使う方にとっては何がどこにあるのかさっぱりわからないと思います 今回はカテゴリーごとの紹介をしていきたいと思います
タイトルとURLをコピーしました