ショートカット

【iPhone/iPad】ショートカットのメニューから選択の使い方

ショートカット
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

ショートカットのメニューから選択の使い方を知りたい
【リストから選択】との違いを知りたい

2021/10月~2022/1月 iPadOS15にて確認した内容に更新

スポンサーリンク

メニューから選択

【メニューから選択:mac版】はこちら。

アクションを追加すると、メニュー項目+メニュー内のアクション+メニューの終了がそれぞれ配置されます。

メッセージ:プロンプトにはメニューが表示された時のメッセージを記入します。無くてもOKです。

項目1や項目2そのものは変更出来ず、変更できるのはその横にある1件や2件などの入力エリア。ここでアクション実行時に表示させるメニューを入力します。例えば買い物リストだったり、ショートカットを終了だったり。

そして下にあるアクションリストのところも、メニュー名に応じて変更されます。初期値は1件2件とそれぞれ表示されていますが、メニュー名を変更すればここも変更されます。このメニュー内にアクションを入れて使います。

各メニューの処理がすべて終わるとメニューの終了になり、このメニューから選択の処理が全て終わります。

サンプルレシピ

文面だけだと使い方はさっぱりわからないと思います。そこでサンプルレシピを用意しました。

ダウンロード出来ない場合、設定>ショートカット>信頼されていないショートカットを許可をタップし、許可する設定にします。

これは買い物リストを表示・買い物リストへの追加・終了という3つの処理を入れたレシピです。このアクションの中身はちょっと複雑になってしまったので作り方は割愛しますが、それぞれの簡単な解説を。

まずショートカットを実行すると、メニューが表示されます。一番上の「買い物リストへ追加」をタップすると、買い物リストへ追加の中にあるアクションが実行されます。この時買い物リストというメモ帳が存在しない場合、自動で作成します

2番目の買い物リストを表示をタップすると、買い物リストという名前のメモを検索して該当のメモを表示します。3番目は見ての通り、終了します。

このショートカットは各処理が終わると再び同じショートカットを起動してループするように設計してあります。そのため、終了処理をさせるために一番最後に終了のメニューがあります。買い物リストへ1行づつ(1品づつ)追加する場合を想定しているためです。

スポンサーリンク

リストから選択との違い

メニューから選択と似たような機能を持つ、【リストから選択】との違いについて簡単に解説します。メニューから選択は見ての通り「選択項目にそれぞれ処理を与えて、実行する」というものです。

【リストから選択】は「リストから1つもしくは複数を選び、次のアクションへと即座に結果を渡す」機能です。リスト関係の詳しいことは【リスト】のページを参照してください。

メニューから選択は選んだ時点では結果を出力せず、各メニュー項目内で処理をさせて結果を出す必要がありますし、複数を選択することも出来ません。そのため1つ選んで処理をさせるという使い方に適しています。

スポンサーリンク

ショートカット関連リンク

ショートカットの基礎
ショートカットの仕組み・作り方などの基礎を解説しています。
ショートカットのカテゴリトップ
ショートカットのカテゴリトップページへ移動します。
オートメーションの使い方
オートメーションの使い方などを解説しています。
使用端末による違い
ショートカットを使用できる4端末による違いをまとめています。
サンプルレシピ
中の人作のサンプルレシピ集です。役に立つものはありません。
ウィジェットの解説
ショートカットをウィジェットに表示する方法を解説しています。
アクション一覧
ショートカットで使用可能なアクションを全て掲載しています。(サードパーティアプリは除く)
タイトルとURLをコピーしました