遊戯王

【遊戯王】氷結界の霜精の使い方と解説【氷結界】

氷結界の霜精遊戯王
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

この記事のタグ

氷結界(カテゴリ)レベル1海竜族
チューナーサルベージ対応浮上対応
清冽エリア対応墓地肥やし
スポンサーリンク

氷結界の霜精

効果モンスター/チューナー
レベル/ランク1水属性海竜族
攻撃力400守備力200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
②:自分メインフェイズに発動できる。デッキからレベル3以下の「氷結界」モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターと同じになる。

 効果解説

このカードには2つの効果があります。それぞれ順に解説していきます。

①は相手の弱体化効果。条件として自分フィールド上に他の氷結界モンスターが存在することですが、このカード自体は氷結界の照魔師から出すことが多く、何も考えなくとも弱体化させていることが多いです。とはいえ後でも書きますがチューナーとしての役割がとても優秀なので、この弱体化効果はあまり重要視されません。氷結界の龍 トリシューラの攻撃力が2700とそこそこ微妙な感じなので、この弱体化効果と合わせれば3200まで上がるのとおなじになり、3100までは戦闘破壊出来るようになります。

②はこのカードの重要な効果。デッキからレベル3以下の氷結界モンスターを墓地へ送り、そのターン中限定でこのカードのレベルを変動させる効果。氷結界にはレベル3以下のモンスターが全部で12種類いるため、何かしらはデッキに残っていると思います。氷結界の霜精自身を落とすことも出来ますが、氷結界の随身氷結界の伝道師といった優秀なモンスターが居るのでだいたいはレベル2として使うことが多いです。

相性のいいカード

まずは氷結界から紹介すると、ストラクチャーデッキに入っている氷結界の照魔師ですね。氷結界の照魔師の起動効果でデッキから氷結界チューナーを1体特殊召喚することが出来ますが、だいたい氷結界の霜精が出てきます。そして起動効果でレベル変化をしながら墓地肥やしという流れです。

墓地に落とすのは氷結界の随身氷結界の伝道師のどちらかが多いです。これらはフィールド上からリリースすることで別の氷結界モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。氷結界の随身は手札のレベル5以上を、氷結界の伝道師は墓地の氷結界を何でも特殊召喚出来ます。主に氷結界の照魔師→効果で氷結界の霜精出し、墓地に伝道師or随身を落とす→2体で海晶乙女コーラルアネモネ召喚→墓地に落としたレベル2のどちらかを特殊召喚し、それぞれリリースして効果発動。という流れが基本です。

サルベージ浮上清冽の水霊使いエリアやワン・フォー・ワンに対応しています。そしてよく墓地へ行って氷結界の照魔師の効果を使えないって事もあるため、貪欲な壺なんかを1枚ぐらい居れておくと良いかもしれません。氷結界シンクロモンスターの再利用も出来るので、態勢を立て直すのにも使えますし、氷結界の照魔師の効果が使えるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

氷結界にとってものすごく便利なチューナーです。効果はどちらも氷結界限定な感じはありますが、氷結界の照魔師氷結界の伝道師氷結界の随身氷結界の虎将 ウェインなどと合わせることでかなり活躍してくれることでしょう。

関連カード

氷結界(カテゴリ)チューナー
タイトルとURLをコピーしました