遊戯王

【遊戯王】氷結界の照魔師の使い方と解説【氷結界】

氷結界の照魔師遊戯王
この記事は約6分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

この記事のタグ

氷結界(カテゴリ)レベル4魔法使い族
清冽エリア対応デッキから特殊召喚

氷結界の照魔師

効果モンスター
レベル/ランク4水属性魔法使い族
攻撃力1700守備力1000
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、相手はアドバンス召喚できない。
②:手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「氷結界」チューナー1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
③:自分が「氷結界」モンスターの効果を発動するために、手札を墓地へ送る場合または捨てる場合、そのカード1枚の代わりに墓地のこのカードを除外できる。

効果解説

①は自分フィールドに他の氷結界モンスターが居る限り、相手のアドバンス召喚を封じる効果。これは永続効果で、他の氷結界と氷結界の照魔師が表になっていれば勝手に発動する効果です。アドバンス召喚自体はそこまで多用するデッキは少なくなりましたが、帝などのアドバンス召喚主体のデッキ相手には刺さります。昨今の環境からしておまけ程度です。

②がこの氷結界の照魔師のメインの効果と言ってもいいレベルです。起動効果なので氷結界の晶壁などの効果で出しても問題ありません。手札を1枚捨てて、デッキから氷結界チューナーを1体特殊召喚する効果です。この効果で出せるモンスターは以下の通り。

氷結界の霜精
レベル1起動効果でレベルを1~3に変動出来る
氷結界の術者
レベル2レベル4以上の攻撃宣言不可
氷結界の水影
レベル2自分フィールドがレベル2以下の場合のみ、ダイレクトアタック
氷結界の守護陣
レベル3このカードの守備力以上の攻撃力を持つ相手モンスターの攻撃宣言不可
氷結界の風水師
レベル3条件付きで攻撃対象にならない

氷結界の照魔師の効果にはレベルなどは記載されていないため、レベル5の氷結界チューナーが出たらそれも出せることは出せます。しかし現状では1~3にバラけている事と、氷結界の霜精の効果で1~3まで変化出来る事もあって出すのはだいたい氷結界の霜精です。

この効果の発動後は水属性モンスターしか特殊召喚出来ない効果がありますが、後半で紹介する海晶乙女コーラルアネモネや水晶機巧-ハリファイバーは問題なく出せます。それに水属性で統一してれば関係ないですね。

③は氷結界の手札コストの代わりになる効果。このカードが墓地に居なければ使えませんが、墓地に送る手段は色々とあるので問題にはなりません。氷結界かつ手札コストを使用するモンスターは以下の通り。

氷結界の照魔師
自身の②の効果のチューナー特殊召喚
氷結界の封魔団
手札の氷結界モンスター1枚を墓地へ送って発動
このモンスターが表側で存在する間、次の自分のターンまでお互いに魔法を発動出来ない
氷結界の軍師
手札の氷結界モンスター1枚を墓地へ送って発動
デッキから1枚ドロー
氷結界の龍 グングニール
手札を2枚まで捨てて、相手フィールドのカードを破壊
氷結界の龍 ブリューナク
手札を好きなだけ捨てて、捨てた枚数だけ相手フィールドのカードを手札に戻す

意外と少ないように見えますが、重要なのは氷結界の照魔師のコストを墓地の氷結界の照魔師で代用出来る所。氷結界は手札消費が若干多く、何かと手札コストを要求されます。そのうちの1枚を墓地で代用出来るのは地味に嬉しいポイント。

氷結界の龍 グングニールや氷結界の龍 ブリューナクなど、複数枚数捨てる場合でも代用出来るのは墓地の氷結界の照魔師の枚数までです。例えば墓地に氷結界の照魔師が1枚、氷結界の龍 ブリューナクで3枚捨てる場合は1枚を墓地の氷結界の照魔師+手札2枚使う必要があります。

更にはこの③のコスト代用効果も1ターンに1度しか使えないため、使い所はよく考えましょう。

相性のいいカード

まずは特殊召喚するチューナーから。氷結界の照魔師の効果で出せるチューナーは上で書きましたが、そこからどんな感じの使い方が良いのかを紹介。

氷結界の霜精は上記の通り、レベル1~3まで変化させれる効果を持っています。なので氷結界の照魔師と合わせればレベル5〜7までのシンクロ召喚が出来ます。氷結界の霜精の効果で氷結界の随身氷結界の伝道師を墓地に落としておけば、海晶乙女コーラルアネモネにしてから氷結界の伝道師蘇生→墓地から別の氷結界を蘇生という流れが出来ます。詳細は氷結界の展開を参照してください。

氷結界の術者を出した場合、お互いのレベル4以上のモンスターの攻撃宣言を止めることが出来ます。これは自分にも影響があるため、氷結界の照魔師も棒立ちになります。氷結界の霜精を温存したい時に出します。

氷結界の守護陣は守備力以上の攻撃力を持つ相手モンスターの攻撃をすべて止める効果を持ちます。これは氷結界の術者以上に強力な効果で、相手は攻撃力1600未満でしか攻撃をすることが出来ません。しかし氷結界の照魔師は攻撃力1700なので一旦は超えることが出来ない状況になります。

氷結界の風水師氷結界の水影は採用デッキが違ったり相性が良いとは言えなかったりするので単純にチューナーとして出す事になります。チューナーと割り切って水晶機巧-ハリファイバーを出して別のチューナーを出したり相手ターンにシンクロ召喚を狙うことも出来ます。

このカード自体は氷結界の晶壁清冽の水霊使いエリア氷結界の紋章に対応しているので手札に持ってくることは難しくありません。ただしサルベージに対応しておらず、基本的には氷結界の晶壁以外の場合は使い捨てになるのは注意。

氷結界の伝道師の効果で墓地から氷結界の照魔師を蘇生することも出来ます。氷結界の伝道師はレベル5以上の特殊召喚が出来なくなるデメリットを持っていますが、このカードはレベル4で展開する先をリンク召喚、特に水晶機巧-ハリファイバーにすれば相手ターンに大型シンクロモンスターを出すことも狙えます。

魔法使い族という点からはおなじみのジゴバイトが簡単に出せます。氷結界の照魔師+ジゴバイト+チューナーで3体の素材が揃います。レベル1チューナーを出せばレベル9氷結界の龍 トリシューラやらが出せたり、飢鰐竜アーケティスにすれば2枚ドロー。レベル2のチューナーを出せば相剣大公-承影と色々な展開が出来ます。とは言えこのジゴバイト氷結界の依巫でもいい説はあります。

まとめ

このカードは氷結界のデッキを使う上でとても重要なカードになっています。氷結界の展開を見てもらうと分かりますが、展開の起点は大体がこの氷結界の照魔師です。ストラクチャーデッキに確実に1枚は入っているので、余裕があれば3箱買って揃えてしまいましょう。

関連

氷結界(カテゴリ)氷結界の展開
タイトルとURLをコピーしました