【Mac OS Catalinaでも使える】SoundflowerとLadioCastの使い方と設定

SoundflowerとLadioCastの設定Mac
この記事は約7分で読めます。

今回はMacPCで配信する時とかに便利な、二つのソフトのインストールの仕方と使い方、設定に関しての紹介。

主にMacでゲーム実況動画を撮りたい!とか、配信したい!って方向けの記事ですが、自分みたいにそういった活動を一切していない方向けの記載がメインだったりします。

Macのデフォルト設定は使いにくい

Macのサウンド設定を開くと、サウンドエフェクト 入力 出力の三つのタブがあります。

サウンドエフェクトはゴミ箱に入れる時とかの効果音なので今回は関係ないです。

入出力、どちらのタブを見ても内蔵デバイスか、ヘッドフォンしか表示されていないはずです。この状態だと、Macから出た音は全てヘッドフォンの方へ流れていくだけです。

初期設定だとMacの音声は内蔵にしか流れない

本体から直接ヘッドフォン端子に流れるため、配信ソフトや録画ソフト等で録音やらが出来ません。

通話は内蔵マイクを通じて相手に聞こえ、録画時にマイクを選べばマイクの音は録音可能です。ボイスレコーダーってソフトが標準で入ってるぐらいです。

ではこの状況をどうやって配信向き、録画向きに変えていけば良いのか解説していきます。

Soundflower

Soundflowerとは、仮想オーディオデバイスの事。

この仮想デバイスを設定する事で、出力タブにこんな項目が出ます。

サウンドの出力設定タブ

この出力タブでSoundflowerを設定することにより、配信や録画でMac内の音声を乗せることが可能となります。

インストール

まずはSoundflowerのインストールをしなければなりません。

ダウンロードページへ行き、一番下のSoundflower-2.0b2.dmgをクリックしてダウンロード。この記事作成時点での最終更新バージョンが2.0b2なのですが、更新されていたら数字が変わっているハズ 基本的には

後はdmgをクリックしてインストール開始です。

途中で再起動が入ると思いますし、入らなかった場合は手動で再起動してあげてください。そうしないとSoundflowerがMacに認識されません

Soundfower自体は設定とかする必要も無い為、インストールが終わってサウンドの出力タブに2chと64chの二項目が出現。出力にSoundflower(2ch)を選び、この手順は終了です。

入力については人それぞれのスタイルでマチマチなため、ここではいったん内蔵マイクを選択しておきます。

ちなみにですが、上記のダウンロードページに書かれている解説について簡単に紹介しておきます。

ダウンロードページには、例としてiTunesで音楽を再生し、ヘッドフォン等で聞き、さらにQuickTimeで画面収録をしたい場合の手順が書かれています。

この手順通りに設定すると、Mac内で再生しているソフトの音量も含め、全ての録画中の音量変更が動画データにも適用されることになります。

自分はこの手順をすっ飛ばしてソフト個々で設定していますが、配信中に音量が大きいとか小さいとか、自分で確認しながら調整出来るようになるのがメリットかな?

LadioCast

Appストアで検索すれば出てきますね。

最終更新日は記事作成時から1年前ですが、しっかり機能しますし不具合もありません。

設定方法

Ladiocastを入れたら再起動します。

再起動後、LadioCastを開いて設定をします。

LadioCastの設定画面

なにやら複雑そうですが、以下の説明を参考にすればもっと複雑に組めたりします!(?)

LadioCastのインストールが終わって使えることが確認したら、

以下、SS多用と(私なりに精一杯)解説です!

色事に解説していきます。

入力1

Mac内で使用するデバイスの事です。サウンド出力の設定画面で選んだSoundflower(2ch)を使いたいので、ここでは同じ物を選択しておきます。

出力と入力ってどっちがどっち?ってややこしくなりそうですが、イメージはこう

Macで音が出されるSoundflower(2ch)で音が再生されLadioCastへ向けて音を出力LadioCastの入力1で、Soundflower(2ch)の音を受け取る

イメージ出来ましたでしょうか?

この入力1は、メインとAUX1にチェックを入れておき、音量はMAX。

右端のdBは音の強さや音圧の単位で、+6dBなら本来の音量の2倍の音圧と言った具合になります。dBについての詳しいことはWikipediaとか見てみると良いかもしれません。

入力2

Macのサウンド出力デバイス以外の入力を設定する場所です。例えば

  • USBマイク
  • オーディオインターフェース

などが該当しますね。 内蔵マイクもここで設定することにより、Mac内蔵マイクも使えるようになります。

自分はマイクとか一切使わない人なのでここはN/A(設定無し)にしていますが、用途によって使うマイクを設定しておきましょう。

マイク以外にも、オーディオインターフェースを経由して繋いだギターとかの設定もここでします。 マイクやオーディオインターフェースを別々で設定する場合、入力3以降に新たに設定していけば問題ないです。

入力2のAUX1にチェックを入れ、音量を設定してdBも設定したらここは終了です。

出力メイン

デバイスはSoundflower(64ch)を選択し、ここも音量をMAXにしておきましょう。

出力AUX1

自分がヘッドフォンや、オーディオインターフェース経由のスピーカーで聞く場合に設定する場所です。

入力のところと同じように、出力先も別々にしたい場合は出力AUX2以降にそれぞれ設定していきます。

ここは音量を自分の好きなようにスライダーで決定します。 理由は、配信や録画には関係がない自分にしか聞こえない音だからです。

 

ここまでの設定をするとどんな録画データが出来上がるのかと言うと、音量MAXの録画データが出来上がります。 録画中の自分の耳に聞こえてくる音量は出力AUX1に設定した音量ですし、録画中に音量を変更しても録画データの音量自体は変わりません。

参考までに、ここまでの設定を終えると音のめぐる順路はこうなります。

設定し終えるとどんな設定でも可能になります

これでLadioCastの基本的な設定は終わり。

実際に録画するには

今回は例としてQuickTimeでの録画をやって、Macで再生している音声やゲーム音を一緒に録画してみます。

まずQuickTimeを起動し、左上のファイル→新規画面収録をクリック

QuickTimeの使い方 録画

録画したい範囲を決めます。 今回は録画範囲を指定する方法で、LadioCastのミキサー画面を選択。

録画範囲の指定

画面下のオプションをクリックし、マイク>Soundflower(64ch)をクリック

ここまで出来たら、後は横にある収録ボタンをクリックすれば録画が開始されます。

以上がSoundFlowerとLadioCastの簡単な設定方法になります。

以下はちょっと複雑な設定をしたい方用に、ヒント的な感じで記載するだけになります。 ここまで出来ればOKと言う方は、ここまでとなります。読んでいただきありがとうございました!

機器とAUXとか

上の設定紹介ではAUX1にチェックを入れて〜と、簡略化しましたが、それじゃ満足出来ねぇ!って方向けに、各機能とかを紹介。

入力側のメイン AUX1 AUX2 AUX3 は、それぞれチェックを入れたデバイスだけに音が出力されます。

具体的には

  • 入力1のメインとAUX1にチェック→出力メインには入力メインの音が再生されるし、出力AUX1に設定したデバイスにも音が流れる
  • 入力2のAUX2だけにチェックを入れる→出力AUX2に設定したデバイスにだけ音が流れ、出力AUX1には入力2の音が流れない

こんな感じになっています。

入力2にマイクやオーディオインターフェースを接続し、自分が聞く出力AUX1では自分のマイクからの音声を聞かない場合の設定は、入力2のAUX1のチェックを入れなければ良いです。 こうすることで、配信であれば見ている人には自分の声は届くが、自分が聞いているデバイスには自分の声は流れてこない といった設定になります。

これを利用すれば、ディスコードで相手の声を乗せる/乗せないってのも設定でどうとでも出来るようになります。

以上がAUXやらの解説でした!

タイトルとURLをコピーしました