ショートカット

【iPhone/iPad】Apple TV Remoteの解説【ショートカット】

ショートカットのapple tv remoteショートカット
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

Apple TVをよく使う方
ショートカットから色々と操作したい方

ショートカットのApple TV Remoteの各アクションの解説となりますが、自分がこのアクションを一切使って無いので使用感とかは不明です。そのあたりはご了承。

2021/8/6 追記・変更点1年ぶりに見たら大幅に項目が増えていたので追加しました。

2021/9/26 iPadOS15に確認した内容に更新

スポンサーリンク

Apple TV Remote

使えるアクションは11個。以前は細かい設定が出来ないアクションが多数というかほぼ全部でしたが、新たに追加された6のアクションは細かく指定することも出来ます。そのあたりも含め、新たに書き直しました。

Apple TVをスリープ

Apple TVの部分に、自分が使っているやつを選択。このアクションはスリープにするだけです。細かい設定はありません。

Apple TVをスリープ解除

Apple TVの部分に、自分が使っているやつを選択。このアクションは上記のスリープとは対になるアクションであり、文字通りスリープを解除するだけです。

Apple TVを再生/一時停止

これはコマンド部分を設定出来ます。選択肢は以下。

  • 再生/一時停止 再生中に実行すると一時停止が、一時停止中に実行すると再生します。
  • 一時停止 再生中か一時停止中かに関わらず、実行すると常に一時停止にします。
  • 再生 再生中か一時停止中かに関わらず、実行すると常に再生します。
  • 毎回尋ねる アクションを実行した時に、再生するか一時停止するかをその都度選択します。

単にアクション実行時に切り替えるのなら再生/一時停止を、アクションごとに目的がある場合は再生なり一時停止なりを選択しておきましょう。

AppをApple TVで開く

「Appを指定したApple TVで起動します」という説明しか書かれていません。詳細設定も無く、自分のApple TVを指定する箇所しかありません。

リモコンを表示

「Apple TV Remoteをコントロールセンターに表示します」とのことですが、使ったことがないのでよく分かりません。

“大きな音を抑える”を設定

Apple TVの部分に自分が使っているやつを選択、そしてその後の”大きな音を抑える”のオンオフを指定します。この「大きな音を抑える」とは、イヤホンの有無による音量の違いからくる聴覚障害の可能性を減らそうという機能です。イヤホン無しでは丁度いい音量でもイヤホン有りだととんでもなく爆音になる事も、端末の設定次第では有りえます。

念の為オンにしておき、実際に聞きながら音量変更ボタンなどで変えるか、以下のショートカット:音量を設定にて音量を指定した数値に自動で変更するように設定してしまうのもありです。

【iPhone/iPad】ショートカットの音量を設定・再生出力先を設定
ショートカットの音量を設定と再生出力先を設定の使い方と使用例です 複数のAppleデバイスを使っている方は便利だと思います

Apple TVでコンテンツをスキップ

Apple TVの部分に自分が使っているやつを選択、その後の秒数順方向/逆方向を選択します。秒数の部分はキーボードで数値入力が出来るので、そちらで入力してもいいですし変数の指定もできます。

順方向は進める、逆方向は巻き戻しです。自分の好きなようにカスタマイズしましょう。

Apple TVでスクリーンセーバを起動

Apple TVの部分に自分が使っているやつを選択。これはスクリーンセーバを起動するだけのアクションなので、細かい設定などはありません。

キャプションを設定

Apple TVの部分に自分が使っているやつを選択、その後のオンオフを指定します。

キャプションとは新聞や雑誌、映画などの字幕やタイトルを意味します。これを踏まえてこのアクションの機能を簡単に言うと「このアクションをオンにして実行すると、字幕対応している映画では字幕が表示されるようになる」ということですね。

ただし実際に使ったことはないので字幕がちゃんと表示されるかどうかは不明です。

ユーザーアカウントを変更

Apple TVの部分に自分が使っているやつを選択。これは細かい指定とかは出来ません。実行するとユーザーアカウントを変更するらしいです。

ライト/ダークモードを設定

Apple TVの部分に自分が使っているやつを選択。その後のライトダークを選択します。ライトを指定した場合、このアクションを実行すると常にライトモードになります。

スポンサーリンク

アクションの使い方の例

実際に目的/シーン別にショートカットを複数作っておくのをおすすめします。

朝や昼に見る場合はスリープ解除→ライトモードの2つを構成し、後は必要に応じてキャプションを入れておきましょう。

夜に見る場合、特にイヤホンなどを使用する場合は大きな音を抑える(音量を設定でもOK)→スリープを解除→ダークモードの3つを構成し、後は必要に応じてスキップとかキャプションとか入れましょう。

そしてどちらのシーンでも共通して使えるように、リモコン表示とかスキップ、寝る前にはスリープにするなど個別で用意しておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

Apple TVを普段から使うって方はこのアクションは使いこなせると快適かと思います。とは言えApple TV自体を持っていない方には無縁のアクションです。

その他のアクション

ショートカットの他のアクション解説リンク集

Siriショートカットのトップ

サンプルレシピ集

タイトルとURLをコピーしました