iPadOS

【WWDC22】AppleのWWDC22の簡易まとめ【iPad編】

wwdc22ipadiPadOS
この記事は約4分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

このページではAppleのWWDC22の内容を簡易的にまとめています。iPadOSについてまとめているだけなので、macOSやiOSなどは別のページをご覧ください。

WWDC22(mac編)
macとmacOSに関する個人的な注目ポイントの簡易まとめ
WWDC22(iOS編)
iOS16の個人的な簡易まとめ
WWDC22(iPadOS編)
iPadOS16の個人的な簡易まとめ
WWDC22(watchOS編)
WatchOS9の個人的な簡易まとめ
スポンサーリンク

iPadOS 16

WWDC22にて次期バージョンのiPadOS16の新機能等が公開されました。中にはmacOSと同じ機能もあったりしますが、よりmacに近い感じになるんでしょうかね。今回は個人的に使いたい機能・良さそうだと思った変更点のみまとめています。

Safariとパスキー

macOSの方でも書きましたが、これは気になりますね。パスワードに変わる認証方法としてパスキーというものが登場するらしいです。これはGoogleやMicosoftとも協力していろんなシーンで使えるようにしていきたいとか話してたのでmacやiPadに限らず重要になってくるかもしれませんね。

内蔵の生体認証を使った固有のキーが端末に保存されて、それを使っての認証らしいです。そしてそのキーは端末から離れることがないらしく、仮に漏洩しても使えないとのこと。これがほんとうならば是非とも使いたい機能ですね。

ステージマネージャ

これもmacOSの方で書きました。というよりiPadOS16でアプリをウィンドウ化できるらしいってのは噂でありましたね。それが実現した上で、ステージマネージャも実装らしいです。

ステージマネージャは簡単にいえば複数のアプリをプレビューで見れるように配置する的な感じの機能ですね。作業中の各アプリのウィンドウをそれぞれのアプリごとのプレビューアイコンとして1つにまとめて、それらを画面左側に表示。中央には1つアプリを表示するという感じですね。

そして作業中のアプリに別アプリのウィンドウを入れることも可能で、それらは保存されます。なのでメモ+Keynoteの配置を作成したり、写真+編集アプリ+ビデオ会議アプリみたいな感じの構成のウィンドウを作ることもできます。

外部ディスプレイサポート

このステージマネージャに関連しますが、最大6K解像度の外部ディスプレイで使うことができるようです。両方の画面(iPadと外部ディスプレイ)それぞれに複数のアプリを表示し、画面間でファイルやアプリの移動等も出来るようです。動画でデモが披露されていました。

背景からの抜き出し

画像から対象の物を抜き出したり、背景を削除して対象物のみにしたりできるようになるそうです。一昔前は特定の高価なソフトを使わないと面倒だったような作業がこうしてOSの標準機能になるのは良いことですね。

テキスト認識

macOSでも強化されて実装されるテキスト認識ですが、iPadOSでも同様に強化されたものが実装されるそうです。ビデオを一時停止して、その中に含まれているテキストをコピーしたり翻訳したり、もう何が何だかって感じですね。

デスクトップクラスアプリ

動画では「iPadのアプリの起源はiOSアプリですが、独自の進化をしてユニークな機能を持つようになりました。そしてそれらを扱えるだけの基盤があります。」みたいなことを話されていました。

iPadOS 16には仮想メモリスワップの機能が追加されるそうです。この仮想メモリスワップは簡単にいうとiPadのストレージを使ってアプリのためのメモリを拡張できる機能とのこと。そしてこれは最大で16GBらしいです。

そして元々搭載されているOS自体にも色々と変更点があるようで、ファイルアプリで拡張子の変更ができるようになったり、それぞれのアプリにも大きな変更点があるようです。

中でもツールバーのカスタマイズや、ピクセルあたりの表示を増やしてアプリの表示領域を増やしたりできるそうです。

FreeForm

この機能の正式名称とかは公開されませんでしたが、動画で紹介されていたので一応掲載。これは思い付いた内容をその場ですぐに書くことができるホワイトボード的な感じの機能らしいです。広さは無限で、どこまでも広くできてズーム可能。更には写真・PDF・リンクなどなんでも取り込むことができて、ApplePencilで書くことももちろんできるそうです。

今年後半のリリースという形での紹介に留めていましたが、ユニバーサルコントロール並の重要機能となりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

iPadOSはよりmacOSに近い機能を持つようになり、より扱いやすくなりそうですね。現時点でもいろんな機能を持っていてそれこそゲームする人とかにはM1の恩恵がかなりあると思います。そしてiPadOS16ではさらにそれらを強化する方向になっているようで、今からとても楽しみです。

WWDC22(mac編)
macとmacOSに関する個人的な注目ポイントの簡易まとめ
WWDC22(iOS編)
iOS16の個人的な簡易まとめ
WWDC22(iPadOS編)
iPadOS16の個人的な簡易まとめ
WWDC22(watchOS編)
WatchOS9の個人的な簡易まとめ
タイトルとURLをコピーしました