Mac

【macショートカットアプリ】base64エンコード

base64エンコードの使い方Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットでBase64エンコードを使いたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

Base64エンコード

2パターンを持つアクションなので、自分が使いたい方を使いましょう。
入力をbase64でエンコード
入力をbase64でデコード
入力テキスト・ファイル
出力テキスト
【base64エンコード】iOS版はこちら。

このアクションは指定したテキスト・ファイルをbase64エンコードする機能と、base64エンコードされたものをデコードする機能を持っています。エンコードは簡単に言えば暗号化、デコードは復号化(もとに戻す)ことを意味します。

入力にはファイルやテキストを指定します。ファイルはもちろん、画像や動画もOKです。ただし画像や動画はエンコードに時間がかかり、出力結果も普通じゃない量の文字数が並びます。画像1枚で113455行にも渡る文字列が生成されたりします。

表示を増やすと区切る際の文字数を指定出来ます。base64は一定の法則に基づいてデータを変換して区切ります。その文字数を指定出来ますが、通常は初期値のままでOKです。


このbase64エンコードは普段あまり使わないと思いますが、それもそのはずです。このエンコードは印字可能な64種の文字のみを使用したデータのやりとりで使用される方法です。昔のメールとかそういうものっていう認識で構いません。

デコード(もとに戻す)場合は、base64エンコードされたものを入力に指定しましょう。とは言え普段からbase64エンコードされたものを使っている人が少ないことを考えるとあまり活躍の機会は無さそうです。

スポンサーリンク

使用例

以下のようにアクションを配置し、なにかしらのファイルを指定してエンコードしてみましょう。

【ファイル:mac版】
写真・テキストファイル・動画なんでもOkです
【base64エンコード:mac版】
設定はエンコードで、区切る文字数は初期値のままで

あとは▷を押して実行すれば、エンコードされた結果を見ることが出来ます。写真や動画を選択した場合は時間がかかる上に文字数が膨大になります。base64エンコードの下に【クリップボードにコピー:mac版】なりを置いて、使えるようにするのもいいと思います。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットのファイル関連スクリプティング
base64エンコードハッシュを生成

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました