ルール解説

【麻雀の役】初心者向けに三槓子(サンカンツ)の特徴3つを解説

2翻、三槓子の解説ルール解説
この記事は約3分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

このページの目的など

麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します。

無駄に難易度が高く、そして翻数が低い事で有名な役。もはや狙うというよりも偶然出来る事のほうが多いため、自分の中では偶然役に分類しています。

そんな三槓子の解説をしていきます。ついでに四槓流れという特殊な流局についても解説しておきます。

三槓子(サンカンツ)

役の概要
翻数2
副露可能
複合しない役
1翻役
平和一盃口
2翻役
三色同順一気通貫七対子
3翻役
純全帯幺九二盃口

三槓子の条件

槓子(4枚引いて槓する)を三組作って上がる事。3つの槓子さえ出来ていれば役の条件はクリアで、後の残った形は自由です。鳴いて作れる事もありますが、デメリットで散々書きますが三槓子本線で狙うことそのものを諦めましょう。

三槓子の強い所

三槓子の強い所、良い部分を紹介。

特になし

あえていうなら槓ドラがめちゃくちゃ増えるぐらいですが、これは自分だけのメリットではありません。他者の手が爆発的に高くなることも当然あるため、槓をしまくるのは止めておきましょう。

槓を多用する関係上、嶺上牌を引く回数だけは多いのがメリットになったりデメリットになったりもする。

三槓子の弱い所

三槓子の弱い所、残念な部分を紹介。

出現率の低さ

まずはこの役の出現率の低さ。その理由は、ずばり槓を3セット作ることにあります。

単純に槓子を3セットって言っても、まず自分で槓出来る準備が整わないといけません。それを3回やったうえでアガリきらなければ成立しません。

その前に四槓流れっていう特殊な流局の存在もこの役の成功率を下げている要因の一つと言えます。

四槓流れの存在

四槓流れっていうのは「複数人で槓が4回成立したら流局とする」っていうルールです。

王牌は14枚あり、ドラ表示牌がめくられていますよね。槓をする度に新ドラといってすでに次々に新ドラをめくっていくわけですが、めくられる枚数は最大4枚です。その理由は嶺上牌の枚数が4枚しか無いってことに起因します。

そのため、これ以上槓が発生したら引ける嶺上牌が無くなるため、4回目の槓が成立した時点で流局としましょうっていうのが四槓流れの取り決めです。ちなみに一人で4回槓した場合は流局とはならず、役満・四槓子になります。

その他の役一覧リンク

【麻雀の役】1翻一覧と解説【初心者向け】
このページの目的など 麻雀をやる上で必須知識の役のみに焦点を当てて、解説している各ページをまとめたページです。 役の解説 麻雀にはアガリの形と、アガリ役の二つが必要と、超ざっくり解説で書きました。アガリ形とメンツに関することは以下をご...
【麻雀の役】2翻一覧【初心者向け】
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します。 麻雀でよく出る2翻役の解説となります。基本はメンピンだっていう人と、...
【麻雀の役】3翻と6翻一覧【初心者向け】
このページの目的など 麻雀を始めたばかりの初心者の方にも、ある程度打っている中級者の方向けに役の基礎知識からちょっと踏み込んだメリット・デメリットまで解説します。 麻雀の役ですが、4が無くて3と6は総数が少ないです。そのため、このペ...
麻雀の役満と特殊な役一覧【初心者向け】
役満の種類や条件など、一般的に採用されているモノを徹底解説。他、流し満貫や人和などの変わった役も紹介!
タイトルとURLをコピーしました