Mac

【macショートカットアプリ】端数を処理

端数を処理Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはApple製品(mac/iOS/iPad)です。
プログラミング専門ブログ立ち上げました。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットの端数を処理の使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

端数を処理

数字1の位に四捨五入」青文字の部分を変更して使います。
入力数字・テキスト
出力処理後の数字
【端数を処理】iOS版はこちら。

このアクションは端数を処理することに特化したアクションです。端数と言っても色々選べます。1の位をクリックすると、100万(最大)から10億分の1や10^まで段階的に選ぶことが出来ます。10^を選んだ場合、更に数字を入力することが出来ます。

端数とは簡単に言えば1.2などの小数点の存在する数字のことですね。この小数点以下の数字の扱いをどうするかっていうのを決めるのがこのアクションの使いみちとなります。0.1234を10分の1で処理した場合、0.1となります。

そして表示を増やすと、モードというのが出てきます。モードは「標準」と「常に切り上げる」と「常に切り下げる」の3種類が出てきます。標準は4以下なら切り捨て、5以上なら切り上げという通常の四捨五入を行いますが、「常に切り上げる」は2でも4でも切り上げます。逆に「常に切り下げる」は7でも9でも切り下げます。

スポンサーリンク

使用例

数字を見やすくする・一定の桁数に整えるという時に使えますね。

【数字:mac版】
適当に数字を入れる
【計算:mac版】
割り算をすると大体が0.1223とか出てくる。そういう計算を多くやっていた故。
【端数を処理:mac版】
不要な部分を取り除く

これが一番ベストな使い方ですね。JavaScriptだと0.1+0.2=0.30000000000000004とか表示されるので困りましたが、ショートカットだとこういう表示も無いのであまり出番が無いと言えば無いですが。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットの計算・数字
計算計算式
端数を処理統計を計算
ファイルサイズをフォーマット数字
数値をフォーマット入力から数字を取得
乱数

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました