ショートカット

【iPhone/iPad】カメラアクションを解説【ショートカット】

ショートカットのカメラショートカット
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と

あいりゅー(irilyuu)をフォローする

ショートカットのカメラのアクションを解説します

たった2つなので、サクっと覚えてしまいましょう

カメラ

使えるアクションは2つ

ただし写真のアクションとの複合が必須なので、そのあたりは覚えておきましょう

写真を撮る

一枚の写真 の部分に枚数を指定することができます

+-のアイコンで枚数を指定し、変数は使えません

一枚以上指定した場合、指定した回数分までシャッターボタンを押すまでカメラ画面が起動し続けます

キャンセルすると処理が完全に終了しなかったとみなされ、保存されません

よく取る方は平均でも取っておくといいかもしれません

背面 の部分で、フロントカメラ(自撮りで使う方)か、バック(背面レンズ)で撮るかを選べます

以下追加オプション

カメラプレビューを表示のチェックマークを入れると、カメラ画面が起動してシャッターボタンを押すと撮影します

チェックマークを外すと、カメラ画面が起動せず裏で勝手に撮ります

なので予想もしない変な写真が取れたりします

ここで撮影した写真は一時保存データとして扱われ、写真アクションの写真アルバムに保存を使うことでちゃんとした写真データとして保存されます

写真を保存 のアクションを直下に配置し、最近の項目なりアルバムなりを指定して保存してあげてください

ビデオを撮る

背面 の部分は上記の写真と同じく、フロントかバックかの違いです

以下追加オプション

画質は低中高から選べます

一般的に、画質が低い方が保存時の容量が少なく、保存するまでにかかる処理時間も短いです

逆に高画質を選んだ場合、保存時の容量が大きくなり、保存するまでにかかる処理時間が長くなります

スマホの容量、用途によって使い分けてみるといいかもしれません

録音を開始 はショートカット実行時にすぐに開始するかどうかを指定することができます

このビデオを撮るの直下に写真アルバムに保存を入れておかないと、写真同様に保存されませんので注意

まとめ

カメラ関連のアクションはたったの2つ、しかも細かい設定をする必要もそんなに無いので覚えてしまいましょう

常に写真をアルバムに保存するとはセットなのもお忘れなく

その他のアクション

その他のアクションに関しては以下からどうぞ

【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説
すごく便利なショートカットですが、初めて使う方にとっては何がどこにあるのかさっぱりわからないと思います 今回はカテゴリーごとの紹介をしていきたいと思います
タイトルとURLをコピーしました