ショートカット

【iPhone/iPad】ミュージックアクションを解説【ショートカット】

ショートカットのミュージックショートカット
この記事は約6分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

当サイトはリンクフリーですが、画像等への直リンは禁止です
mac/麻雀が中心ですが他色々と
遊戯王は水属性と、ほんの一部の他属性で構成されています。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

このページについて

ミュージックのアクションを解説していきます。曲の詳細・共有・プレイリストの編集などが出来ます。

スポンサーリンク

ミュージック

使えるアクションは10種類。デフォルトのミュージックアプリを使用するため、サブスクなどを使用している場合はちょこちょこ使ったり使わなかったり?みたいな感じです。

Apple Musicに対応しているアクションにはApple Music対応を書いています。書いてないやつは、使っても何も出力されません。

ミュージックを検索

すべてのミュージックの部分にはショートカットの入力を指定することも出来ますが、基本的にはすべてのミュージックのままでOKでしょう。

このアクションは自分が指定した条件に沿って、音楽を検索してくれます。並び順をタップすると、検索結果を指定した並び順で出してくれます。制限のチェックを入れると、検索結果の上限数を指定することが出来ます。

フィルタについて

フィルタを追加をタップすると詳細条件を指定することが出来ます。

大>中>小の順にそれぞれ指定することで、検索の条件が成り立ちます。大はアーティストやらタイトルやら、無駄に数が多いです。次と等しいとかは、if文の知識があると使い勝手が分かると思います。if文はこちら。一番右端の小は自分で好きに入力することが多いです。

ミュージックを選択

Apple Music対応(一部)

自分のライブラリ(ミュージックアプリ)内にあるミュージックを選択する、という機能です。指定して、他のアクションへ渡すという使い方が多いです。複数の曲を選択にチェックを入れると、何曲でも選択することができるようになります。

Apple Musicに対応しているはしているんですが、自分がすでに追加した曲に対しては対応しています。まだ追加していない曲には対応していません。

ミュージックを再生

ミュージックの部分にあらかじめ指定した曲か、上記のミュージックを選択やミュージックを検索から繋ぐことが出来ます。

対応できる入力は以下

  • プレイリストに追加
  • プレイリストを作成
  • プレイリストを取得
  • ミュージックを検索
  • ミュージックを選択
  • 現在の曲を取得

それぞれ個別でこの記事中で解説しているので、それぞれ参考にしてみてください。

表示を増やすと、シャッフルやリピートの設定ができます。シャッフルはオフ・曲から選べて、リピートはなし・1曲・すべてから選べます。

ミュージックの詳細を取得

Apple Music対応

ミュージックの部分には上記と同じく、対応できるアクションはいくつかあります。アーティストの部分をタップすることで、取得する項目を自分で指定することが出来ます。

このアクションは現在の曲を取得(記事後半で紹介)と合わせることで、真価を発揮します。

プレイリストを作成

Apple Music対応

プレイリストを作成するアクションです。ミュージックの部分にプレイリストに最初に追加する曲を、プレイリスト名にはプレイリストの名前を入力します。表示を増やすと、作成者・説明などを入力することも出来ますが、基本的にそこまで重要ではないので使う人は入れておきましょう程度ですね。

ミュージックの部分にはミュージックを選択から繋ぐことができるので、ミュージックを選択→プレイリストを作成という配置にすればスムーズに曲を追加出来ます。

プレイリスト名は入力を要求のアクションを使うか、毎回尋ねるにしておけばその都度名前を変えることが出来ます。

プレイリストに追加

Apple Music対応

ミュージックの部分に、プレイリストに追加したい曲を指定。マイ・ミュージック・ライブラリの所に、追加先のプレイリストを選択します。これもミュージックを選択で複数選んだりしてそのまま追加するという使い方が良いかなと思います。

追加先のプレイリストは毎回尋ねるにしておけば、利便性が高いと思います。アーティスト関係なしに一つのプレイリストにごちゃごちゃと追加していく自分はプレイリストをあらかじめ指定していますが、使い方は自由です。

次はこちらに追加

再生してるときにある「次はこちら」っていう部分に、今聞いてる曲(または選択した曲)を割り込ませるアクションとなります。ミュージックで割り込ませる曲を指定し、をタップすると割り込ませる位置を指定出来ます。割り込み位置は次・あとでの2つがありますが、次は今再生してる曲が終わり次第再生し、あとではそのうち再生してねって感じでゆるっと追加します。

ミュージックの部分にはミュージックを選択など、ミュージック関係のアクションから繋ぐことが出来ます。

次はこちらを消去

これはそのまんまで、次はこちらを消去します。追加オプションどころか何一つ触る事はありません。

プレイリストを取得

プレイリストの部分にプレイリストを選択すると、そのプレイリストに入っている曲が取得されます。プレイリスト自体を取得するわけではなく、プレイリストに入っている曲を取得します。

プレイリストを再生したい場合、ミュージックを再生を直下に置いて繋ぐことで、プレイリストを再生に変える事ができます。

現在の曲を取得

Apple Music対応

現在再生している曲の情報を取得します。AppleMusicのアプリで再生している場合のみ使えます。現在の曲を取得→ミュージックの詳細を取得→指定した項目を取得というのが、基本的な使い方になります。

ミュージックの詳細を取得を沢山配置してからマジック変数で「現在の曲」を指定し、タイトル・アルバムアートワーク・アルバムなど欲しい情報を沢山取得する事もできます。ただしこれをそのままテキストに変数化して入れても、アルバムアートワークはイメージというテキストでしか返されません。

これを解消するついでに、ミュージック関連のアクションをいくつか使ったサンプルレシピを紹介

スポンサーリンク

ミュージックアクションを使ったサンプルレシピ

ここまで紹介したアクションをいくつか使用したサンプルレシピを紹介します。

現在聞いている曲をツイッターに投稿するやつ

Apple Music対応(一部)

まずはシンプルにこれから。現在の曲取得→ミュージックの詳細取得で、アルバムアートワークはテキストのイメージとして出力されるというのを書きましたがそれはリストに入れることで解決します。

ダウンロード出来ない場合、設定>ショートカット>信頼されていないショートカットを許可をタップし、許可する設定にします。

現在再生中の曲をツイッターににて、後半にあるリストの中にテキストとアルバムアートワークを入れているのが解決策です。ただしこれは「自分のミュージックのライブラリに登録している曲のみ」アルバムアートワークが対応していますが、Apple Musicなどのクラウド上の音楽に対してはアルバムアートワークは使用できません。

ライブラリの曲に対してこのレシピを使用すると、以下のようになります。

アルバムアートワークありのツイート例

クラウドで再生中の曲に対してはアルバムアートワーク無しですが、ツイート例が以下のようになります。

アルバムアートワーク無しの場合のツイート例

ショートカット中にあるテキストで、アーティストやらアルバムやらを編集すればツイート内容を変更できます。

アーティストごとにプレイリストを作成・追加

Apple Music対応

レシピはこちら

ダウンロード出来ない場合、設定>ショートカット>信頼されていないショートカットを許可をタップし、許可する設定にします。

これは2つの機能をもたせています。現在再生中の曲に合わせて、

  1. 現在再生中の曲のアーティスト名のプレイリストが無い場合、新規で作成した上で現在の曲をアーティスト名が一致するプレイリストに追加
  2. 現在再生中の曲のアーティスト名のプレイリストがある場合、既存のアーティスト名のプレイリストに追加

という2つの機能があります。Apple Musicでクラウド再生中の音楽にも対応しています。そして同じ曲を一つのプレイリストにバンバン追加していくことも出来ます。アーティスト名さえ一致すればそこにどんどん追加されていくという、プレイリストを選択する手間すらも必要ないレシピです。

スポンサーリンク

まとめ

ミュージックはApple Musicのクラウド再生に対して使えるものと使えない物がありますが、自分で確認できる範囲で掲載しています。使い方は様々なので、自分の好きなように使ってみましょう。

その他のアクション

その他のアクションを目的から探したい場合は以下をどうぞ。

【iPhone/iPad】ショートカットのアクションカテゴリーの簡単解説
すごく便利なショートカットですが、初めて使う方にとっては何がどこにあるのかさっぱりわからないと思います 今回はカテゴリーごとの紹介をしていきたいと思います

Siriショートカットのトップ

ウィジェット登録

最後に、完成したショートカットをウィジェットに表示させればより便利に使えます

ウィジェットに表示する方法はこちら

その他のサンプルレシピ

その他のサンプルレシピについてはこのリンクをクリック

タイトルとURLをコピーしました