Mac

【macショートカットアプリ】ファイルを保存

ファイルを保存Mac
この記事は約2分で読めます。
書いた人
あいりゅー(irilyuu)

メインはMacOS/iPadOS/麻雀/Siriショートカットです。遊戯王は気分次第で更新。

あいりゅー(irilyuu)をフォローする
スポンサーリンク

こんな方にオススメ

macOS版ショートカットのファイルを保存の使い方が知りたい

2021/10月~2022/1月 macOS Monterey(12.1)にて確認した内容で掲載。

スポンサーリンク

ファイルを保存

ファイルを保存」の青文字に保存するファイルを指定します。
入力全て
出力保存済みファイル
【ファイルを保存】iOS版はこちら

このアクションはショートカットで生成したファイルを保存する機能を持っています。ショートカットで生成したファイルはこのアクションを使わないと、保存されないようになっています。

表示を増やすと以下の追加オプションが選べます。

保存先を尋ねる
有効化すると、保存時にFinderが表示される。
チェックを外すと、保存先を選ぶことが出来ます。
ファイルが存在する場合は上書き
同じ保存場所に同じ名前のファイルがすでに存在する場合の処理をどうするかを選べます。

保存先の無効化をした場合はサブパスというものが出てきますが、自分で保存場所を選ぶのは少し手間がかかります。ファイルの横にあるショートカットの部分をクリックすると、置き換えが表示されます。置き換えは保存するフォルダ自体を変更することが出来ます。

サブパスは保存するファイルの親ディレクトリの指定も出来ます。例えば「フォルダA/フォルダB/ファイル」と書けば、最終的には「保存するフォルダ/フォルダA/フォルダB/ファイル」という構造で保存されます。

特定のフォルダに保存するだけで、その他のフォルダ構造を必要としない場合はショートカットの部分を変更するだけでOKです。

【テキスト:mac版】を保存する場合、デフォルトの拡張子は.txtとなります。拡張子に関しては自動で選定されるようなので細かいことは気にしなくてもいいみたいです。同様に、【イメージを切り取り:mac版】などの画像用のアクションなども自動で拡張子が選定されます。

スポンサーリンク

関連アクション

macOS版ショートカットのファイル/Finder
ファイルファイルを保存
ファイルを選択ファイルを移動
ファイルを削除テキストファイルに追加
ファイルの名前を変更ファイルへのリンクを取得
フォルダフォルダからファイルを取得
フォルダの内容を取得フォルダを作成
ファイルにフィルタを適用ファイルの詳細を取得
ファイルを開く親ディレクトリを取得
Dropboxテキストファイルに追加Dropboxファイルを取得
Dropboxファイルを保存Finderで選択されたファイルを取得
ファイルにラベルを付けるファイルをFinderに表示
サーバに接続
スポンサーリンク

その他のアクション

macOS版ショートカットアクション一覧

ショートカットをクイックアクションやメニューバーに表示する方法

iPhone/iPad版ショートカットアクション一覧

タイトルとURLをコピーしました